本の感想「はじめての人のための3000円投資生活」

  • 2018.11.25
本の感想「はじめての人のための3000円投資生活」

 

僕が読んだ本に関して、僕の感想を紹介するコーナーです。
資産運用を始めようと考えていたときに読んだ本です。

はじめての人のための3000円投資生活
クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

本の概要

著書 :はじめての人のための3000円投資生活
著者 :横山光昭
発行日:2016年7月7日
発行所:株式会社アスコム
おすすめ度:★★★★☆
これから投資をやってみようと考えている方へおすすめできる本です。一方で、すでに投資をされている方やある程度知識のある方にとっては物足りない内容かと思います。僕は、投資の一歩を踏み出そうと考えていた時期に読んだので、「よし、まずは3000円でもやってみようか!」と、背中を押しをしてくれた本かと思います。

 

著書について

book

著書には、以下のような説明書きがあります。

1000万円以上貯めた人、続出!
投資経験がゼロでも、貯金がなくても、誰でもカンタンに始められてお金がしっかり増えていく方法がありました。話題の家計再生コンサルタントが「人生を変える」お金の増やし方を解き明かします。

本の説明書きなので、ちょっと誇張した部分はあるかと思いますが、概ね本の内容を表現していると思います。

著者について

Author

著者については、以下のような説明書きがありました。(長いので一部抜粋)

家計再生コンサルタント。
株式会社マイエフピー代表取締役社長。個別の相談・指導では独自の貯金プログラムを生かし、リバウンドのない再生と飛躍を実現し、これまで10000人以上の赤字家計を再生した。業界でも異端児的活動で、各種メディアへの執筆・講演も多数。

 

著書の内容と感想

Impressions

本の概要

非常に読みやすい本です。全部で223ページの本ですが、文字数が少ない(文字が大きい)ので、すぐに読み終わる印象です。

基本的にはインデックスファンドでの積立投資を勧める内容ですが、その他に、国債やNISA、確定拠出年金、生命保険といったことまで、様々な内容を簡潔に説明しています。よって、一つ一つをもっと深く知るためには、別の本を読んだ方がよいと感じますが、まずは、投資を始めようと背中を押してくれる内容となっています。

あらすじ

プロローグでは、何名かの貯蓄に成功した方の事例を紹介されています。その後は以下のような内容となっています。

まずは、投資の世界に足を踏み入れてみましょう。という内容から始まります。具体的には、証券口座の開設方法の紹介。インデックスファンドの紹介。積立のすすめやNISAの関する記述などが紹介されています。

次に、投資生活をする為に家計を見直しましょうという内容になっています。支出を抑える方法や、「何のためにお金を貯めるのか」目的を持つことのすすめなどです。

次の項目では、プラスアルファの制度の紹介があります。具体的には、国債や確定拠出年金、生命保険の見直し、学資保険などです。

最後に、やってはいけない投資の紹介です。ここでは、ハイリスクハイリターンのものは避けましょうという内容が主だったものとなります。

どんな人に向いているか?

上記でも述べましたが、これから投資をやってみようと考えている方へおすすめできる本です。

読んでみた感想

これから投資を始めようと考えている時期の僕にとっては良書でした。

月々3000円であれば、投資に回しても良いなと思えますよね。そうやって、資産運用に目を向けることで、一番大事な「家計の見直し」に目が行くようになると思います。家計の見直しができれば、投資の原資が増えますので、3000円でスタートした投資額がだんだん大きくなっていきます。この好循環を作れれば、本の冒頭で紹介されていたような、成功をつかむことができる。という事だと思います。

この本から僕に伝わった事は、投資をスタートすること、そして家計を見直すことの大事さです。とても良書かと思います。投資を開始しようとしている方や、この本を購入しようと考えている方の参考になればと思います。

 

カテゴリの最新記事