MENU

おすすめ!使用頻度の高いお得なクレジットカード

クレジットカードを作ろうと考えている人へ向けた記事です。

クレジットカードは、種類がありすぎて、「どれを選んだら良いんだろう」と悩んでいませんか?この記事で紹介するように、利用シーンを考えて選ぶと、自分に合ったクレジットカードが選択できます。僕も、何枚ものカードを保有していますが、結局使用頻度の高いカードは3枚程度に絞られています。この記事では、利用シーンとお得度からクレジットカード選択のポイントを紹介していきたいと思います。記事を読み終えると、クレジットカードの選択ができていると思います。

目次

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、カード保有者の信用によって後払いで決済ができるものです。なので、カード発行には審査が必要となっています。そして、クレジットカードには、ランクが存在します。スタンダードなものは年会費無料の物で、本記事では、このランクのカードを中心にご紹介します。その上に、ゴールド、プラチナ、ブラックなどカード会社によってさまざまなランクが準備されています。ランクが上がるごとに年会費が高くなりますが、付帯保険などのサービスが手厚いものとなっていきます。また、ランクが高いカードはステータスの証明となるので、保有すること自体に価値があるとも言えます。

クレジットカードの仕組

  • 利用者:クレジットカードを使用することで後払いができます
  • 加盟店:利用者からの代金を、後日カード会社から受け取ります。その際、カード会社所定の手数料を支払います
  • カード会社:利用者への利用料金請求と、加盟店への利用料金支払いをします。なお、加盟店からの手数料で利益を得ています。

なお、クレジットカードには、国際ブランドが存在します。国際ブランドには提携している加盟店があり、それぞれに対応したクレジットカードを利用することができます。代表的な国際ブランドをシェアの高い順にご紹介します。

  • VISA (シェアNo.1/アメリカに強い)
  • Mastercard (シェアNo.2/ヨーロッパに強い)
  • JCB (日本で生まれた国際ブランド/海外での日本人サポートも充実)
  • American Express
  • Diners Club

僕の経験としては、VISA, Mastercard, JCB の三つのブランドのカードをそれぞれ保有していれば、多くの店舗で利用できるため安心かと思います。それと、海外の加盟店では、シンプルな券面の方が好まれるようです。

クレジットカードの魅力

クレジットカードは、後払いができる他にも保有する様々なメリットがあります。ここでは、その魅力についてご紹介します。

  • ネットショッピングが簡単(代引きや銀行振込が不要で、その場で決済)
  • ポイントが貯まってお得
  • 保険が付帯する。(海外旅行傷害保険やショッピング保険)
  • 割引やプレゼントがもらえたりすることがある(利用店舗による)
  • ステータスの証明となる(ゴールドカード or プラチナカード以上)
  • 空港ラウンジが利用できる(ゴールドカード以上で付帯することがある)
  • プラチナ以上のカードでは、例えば、24時間体制の旅行予約コンシェルジュサービスなど様々な特典がありますが、僕はプラチナカードホルダーではないので、詳細は存じ上げておりません。(-_-;)

クレジットカードで気を付けたいこと

クレジットカードは、現金を持っていないくても、決済ができてしまいます。お金の使いすぎには十分に気を付けましょう。

  • お金を使いすぎてしまう 
  • 不正利用のリスクがある

紛失や盗難、スキミングなどによる不正利用に十分注意しましょう。私の周りでも不正利用されたという方がいました。その際は、不正利用対策が充実したクレジットカード会社でしたので、事なきを得たそうです。そういったリスクも考慮しましょう。

お金の使いすぎのリスク

基本的に、「分割払い」は利用しないようにしましょう。なぜなら、自分がどれだけの金額を使用したのか把握しにくくなるためです。また、「リボ払い」もやめましょう。分割よりさらに使用した金額が把握しにくくなります。

クレジットカードの選択のポイント

  • 年会費(お得にクレジットカードを利用したいという方は、年会費無料のクレジットカードを選択しましょう)
  • ポイント還元率(0.5%~1.0%程度が一般的です。高還元率の物を選択しましょう)
  • 利用シーン(ポイントカード機能/電子マネー連携/所持銀行口座連携)
  • 付帯保険
利用シーンによるカードの選択

・現在、様々なポイントが存在します。例えば、Tポイント、Dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、WAON など、その種類も様々です。この中で、自分がよく使うポイントカード機能を包含するクレジットカードは、使い勝手が非常に良いです。

・同じように、様々な電子マネーが存在します。PayPay、楽天ペイ、Lineペイ、メルペイ、楽天Edy など、その種類も様々です。こちらも、自分が良く使う電子マネー機能と相性の良いクレジットカードを選択すると、使い勝手が良いです。

・さらに、銀行との連携で得点が得られるケースもあります。楽天銀行、イオン銀行、PayPay銀行 などです。自分が所有している銀行口座と連携できるカードが使い勝手が良いです。

おすすめクレジットカード

JCB Card W

ポイント還元率が常に2倍のカードです。還元率は1.0%に設定されていますので、実質2%の超高還元率を達成しています。ポイントはAmazonなどの加盟店で使用できるほか、ギフトカードやマイルにも交換可能です。

三井住友カードナンバーレス

通常の還元率は、0.5%ですが、セブンイレブン、ローソン、マクドナルドの還元率が5%と非常に高いです。

楽天カード

ポイント還元率が高く1%です。さらに、楽天市場での買い物では、かなりの高還元率を達成することができます。僕は、楽天市場をよく使います。特に「ふるさと納税」は、楽天市場&楽天カードでのみ利用しています。また、楽天銀行も便利で使っています。楽天銀行は条件を達成することで、出金手数料を数回/月、無料で利用することができます。楽天カードは特におすすめのカードです。

イオンカードセレクト

ポイント還元率は、0.5%ととびぬけて高くはありませんが、WAONを利用するのであれば、あると便利なカードです。僕はWAONをよく利用するので、このカードの使用頻度は非常に高いです。

エポスカード

エポスカードは、年会費無料でありながら、海外旅行保険が自動付帯となっており、おすすめのカードです。また、インビテーションをもらうことで、年会費無料のゴールドカードへアップグレードを狙う事も可能です。使用頻度が高い人は狙ってみても良いかもしれません。僕も所有しております。取り方は以下の記事をご参照ください。

AOYAMA ライフカード

AOYAMA ライフカードは、年会費が\1375かかってしまうカードですが、青山で利用可能な商品割引券 \3000分が毎年もらえます。また、青山での買い物です、ポイント還元率4%と非常にお得になっています。ワイシャツなど、青山で毎年買い物をする方にお勧めのカードです。

Yahoo! Japanカード

Tポイントが貯まるカードです。ポイント還元率は1%と高還元率となっています。ファミリーマートなどでTポイントをよく利用する人や、PayPay を良く利用する人におすすめです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる